副作用

アラキドン酸の正しい名前は?

『イコサテトラエン酸』―これがいわゆる『アラキドン酸』と同類に分類される成分の名称です。
アラキドン酸は、基本的に体内で生成できない物質であり、多価不飽和脂肪酸に分類されます。
多価不飽和脂肪酸はω―6脂肪酸と、ω―3脂肪酸に分類されます。
細かく分けると、ω―6脂肪酸にアラキドン酸(エコサテトラエン酸)やリノレン酸に分類されます。
リノレン酸などと同様に体の必須脂肪酸の一つであり、体の臓器や細胞を構成している基本的な要素です。

アラキドン酸の働きの一つは、簡単に言うと、脳の細胞を覆っている細胞膜を柔らかくすること。
これにより脳が行う電気信号の伝達が高速化されます。
とある実験結果によると、ラットと人間両方対象に、アラキドン酸を摂取したグループと摂取していないグループとの違いを算出した時、アラキドン酸を摂取されたラットは学習能力や適応力が向上し、いつもは解けない迷路も解いてしまったと言います。

また、高齢者を対象としても、認知能力や情報処理の速度が上がったという結果もあります。
確かにアラキドン酸が脳の働きを向上させていることが分かります。
同時にアラキドンは血圧を下げ生活習慣病を予防する働きも期待できます。
アラキドン酸は普段私たちが食べている食事から摂ることが出来ますが、肉や魚、卵を使った料理のためカロリーが気になってあまり食べない方もいます。
そんな方でも気にせず摂れるアラキドン酸サプリというものがあります。
このサプリタイプにはアラキドン酸をはじめ、体に必要な成分だけが凝縮されているため余計なカロリーはとらなくて済みます。